130億円の男、「ガレス・ベイル」とはどんな選手?スーパープレー動画

世界トップレベルのプレーヤーたちを幾多も輩出し、
 
「白い巨人」の愛称で世界中のフットボールファンに愛される
 
スペインのビッグクラブ、レアル・マドリード
 
現在も世界最高の選手と称されるクリスティアーノ・ロナウドをはじめ、
 
各ポジションにワールドクラスの選手を揃えている「銀河系軍団」が
 
噂され続けてきたあの男をついに獲得しました!
 
その男の名はガレス・ベイル
 
推定移籍金130億円を超えると言われる
 
サッカー界史上最高額の移籍金でやってきたウェールズ代表のエースです。
 
移籍金の価値に見合うだけの実力の持ち主ですが、
 
C.ロナウドやメッシ、ネイマールらと比べると、
 
どうしてもサッカーファン以外の間での知名度は高くありません。
 
ガレス・ベイルとは、一体どんな選手なのか?
  
bale_660_090213030118
 
彼のこれまでの経歴とプレーに迫っていきましょう。
 
思わず「これはチートすぎる!」と唸ってしまう、
 
130億円の価値を持つ男のプレーをとくとご覧あれ。
 

プロフィール

 

ガレス・フランク・ベイル(Gareth Frank Bale)
 
Gareth-Bale

国籍: ウェールズ
 
生年月日: 1989年7月16日(24歳)
 
出身地: カーディフ
 
身長: 186cm
 
体重: 81kg
 
ポジション: 左サイドバック、左サイドハーフ、トップ下、左ウィング、センターフォワード
 
所属チーム: レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ)
 
背番号: 11

 
ガレス・ベイルは、ウェールズ・カーディフ出身の24歳。
 
現在、C.ロナウドやメッシと並び、
 
世界で最もノッている選手として知られています。
 
元々は左サイドバックや左サイドハーフを主戦場としていた
 
サイドアタッカーでしたが、最近ではWGやトップ下、CFまでこなすなど、
 
攻撃的なポジションならどこでもプレーできる選手です。
 

プレースタイル

ガレス・ベイルという選手を一言で表すのは難しいですが、
 
あえて言うならば「左利きのC.ロナウド」が一番しっくりくると思っています。
 
というのも、186㎝の恵まれた体格、圧倒的な加速とスピード、
 
足元のドリブルテクニック、シュートセンス、FKの精度、勝負強さ
などなど、
 
同じレアル・マドリード所属のC.ロナウドと重なる部分が多いからです。
 
どちらかと言えばロナウドは右足、左足、頭とどこからでも点が取れますが、
 
ベイルは左足一本で勝負する印象が強いですね。
 
それでもスピードとテクニック、そしてシュートのうまさを兼ね備え、
 
高いレベルで攻撃的ポジションをどこでもこなせる選手と言えます。
 

 
ゴール後のこのハートマークのゴールパフォーマンスもお馴染みです。
 
gareth-bale-heart-2012
 

代表キャリア

 
 
ウェールズ代表では史上最年少16歳315日という若さでデビューを果たし、
(2006年5月のトリニダード・トバゴ戦)
 
2006年10月にはFKでウェールズ史上最年少となる17歳で代表初ゴールを記録。 
 

 
そのプレースタイルや代表への愛を持つ姿は、同じカーディフ出身で
 
今でも現役で活躍する元ウェールズ代表のライアン・ギグス(39)と重なります。
 
Ryan Giggs

マンチェスター・ユナイテッド所属のライアン・ギグス(Ryan Giggs)

 

クラブキャリア

 
 
代表チームのウェールズ代表がW杯に出場経験がわずか1度、
 
さらにUEFA欧州選手権(通称ユーロ)にも出場無しと、
 
国際舞台での経験が少ないのが残念な所ですが、
 
ベイルはクラブレベルでは飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を見せています。
 

華々しいデビュー

 

幼いころからサッカーに親しんだというベイル少年は
 
早い時期にその才能の片りんを見せ、9歳の時点ですでに
 
現在プレミアリーグ所属のサウサンプトンからスカウトの声がかかっていました。
 
その後、2005年7月にサウサンプトンとの契約を果たし、
 
その翌年の2006年4月に16歳275日でプロデビューを飾りました。
(セオ・ウォルコットに次ぐクラブ史上2番目に若いデビュー)
 
gareth bale southampton

同年8月のダービー・カウンティ―戦でFKからプロ初ゴールを奪うと、
 
デビューシーズンで新人とは思えない目覚ましい活躍を見せ、
 
フットボールリーグ・ヤングプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました。
 

地方クラブからのステップアップ

 
翌年、プロ初シーズンを終えたベイルに対し各クラブからオファーが殺到。
 
争奪戦の末、若き才能あふれるサイドアタッカーは
 
トッテナム・ホットスパーFCと4年契約を結び、
 
ロンドンの名門クラブで新たな一歩を歩み始めます。 
 
移籍直後から活躍を見せ、フルハム戦ではドリブルから移籍後初ゴールを記録。
 
ダウンロード


 
アーセナル戦ではFKを沈めるなど、華々しい活躍を期待させます。
 

 

度重なる怪我と苦痛の日々

 
しかし、デビューから順風満帆に見えた彼のキャリアにも
 
怪我という避けては通れない壁が待ち受けていました。
 
2007年の12月のバーミンガム・シティ戦、
 
相手に強烈なタックルを受け右足首靭帯を負傷
 
手術を余儀なくされるほどの大怪我で残りのシーズンを棒に振ることになります。
 
ガレス・ベイル 怪我

その後、クラブと4年契約を新たに結むことはできたものの、
 
さらに2009年には膝のけがによる手術を受け
 
2009-10シーズンの前半戦2か月以上の戦線離脱を余儀なくされます。
 
怪我から復帰後もカメルーン代表のブノワ・アスー=エコトに
 
ポジションを奪われ、ベイルは出場機会に恵まれない苦しい日々を過ごしました。
 
gareth-bale3

徐々に信頼を獲得、チームに欠かせない存在に

 
試合に出られないもどかしい日々を送っていたベイルでしたが、
 
当時の監督ハリー・レドナップはシーズン後半に徐々にチャンスを与えます。
 
カップ戦などで出場機会を増やすと、その実力を発揮し、
 
2010年4月にアーセナル相手にゴールを決め完全復活をアピール。
 
翌節のチェルシーとの一戦では決勝ゴールを挙げ、MOMの活躍。

 
これらの活躍で4月のプレミアリーグ月間最優秀選手を獲得したベイルは
 
後半戦でも躍動し、トッテナムのクラブ史上初めてとなる
 
UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得に大きく貢献、
 
すぐさまクラブは新たに4年契約を結びました。
 
ベイルの活躍はとどまることを知らず、
 
翌10/11シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの対インテル・ミラノ戦、
 
左サイドでのドリブル突破からハットトリックを達成、
 
さらにホームでの同カードの試合では2アシストでMOMを獲得。
 

 
その後の2シーズンもチームの中心として活躍を続けます。
 
昨シーズンにはリーグ戦で得点ランキング3位となる21得点を挙げ、
 
PFA年間最優秀選手賞、PFA年間最優秀若手選手賞、

FWA年間最優秀選手賞を受賞するなど、数々の賞を総なめしました。
 

特に昨シーズンは決勝ゴールを上げたり、ロスタイムでのゴールなどが多く、
 
12/13シーズンのプレミアリーグで最優秀選手との呼び声も高いです。
 

史上最高額での”銀河系軍団”レアル・マドリードへの移籍

 
プレミアリーグでこれ以上ない活躍を見せたベイルは、
 
過去にもさまざまなクラブからのオファーがあったと取りざたされていて、
 
今夏の移籍マーケットの大目玉として注目を浴びていました。
 
連日レアル・マドリード入りが報道される中、
 
ついに9月1日、レアル側が公式に加入を発表し、

その移籍金は1億ユーロ(約130億円)を超えると言われ、

これはサッカー界での歴代史上最高額の移籍とされています。
(※移籍金は未公表のため、報道されている移籍金はメディアで異なります)
 
9月2日に行われた入団発表では2万5000人以上のマドリディスタが集まるなど、
 
その期待の大きさを物語っています。
 

 
会見ではスペイン語を披露するなど、
 
チームに溶け込む準備はできているようです。
 

 
レアル・マドリードでアシスタントコーチを務めるジネディーヌ・ジダンも
 
「ベイルはC.ロナウドやメッシに次ぐ才能の持ち主」とし、
 
昨年までレアル・マドリードを率いていた現チェルシー監督のモウリーニョも
 

「大金をはたいても紙幣一枚一枚に価値がある」

 
と絶賛の声を上げています。
 
ソース: モウリーニョ、ジダン、S・ラモスがベイル移籍を語る – Goal.com

高まる期待と大きなプレッシャー

 
歴代最高額の移籍金でレアル・マドリードに加入したベイル。
 
それだけに周囲の期待は相当なものでしょう。
 
本人には想像を絶するプレッシャーがのしかかり、
 
今後違うリーグでどれだけ活躍できるかが見どころとなってきます。
 
Gareth Bale unveiled at Real Madrid - video

しかし、真のスタープレーヤーならそんなプレッシャーもどこ吹く風で
 
期待通りの活躍を見せてくれるはずです。
 

 
ベイルには十分すぎるほどスターの素質は備わっているはず。
 
今シーズン、ガレス・ベイルの左足から目が離せません!
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ