【感動話】ゼロックス杯を制した広島、急逝したクラブスタッフに捧げるタイトル「ようやく見送ることができた」

 
Jリーグ王者と天皇杯王者が激突するXEROX SUPER CUP 2014で
 
横浜F・マリノスを下し今シーズン初タイトルを獲得したサンフレッチェ広島。
 
その勝利の裏には、クラブのために尽力し、
 
先日急逝したスタッフへの想いがあったそうです。
 
詳細は以下のサッカーキングさんの記事からどうぞ。
 
 


 
 
広島、急逝したスタッフに捧ぐゼロックス杯「ようやく見送ることができた」 – サッカーキング
 
 
 
 
ゴールパフォーマンスが注目される広島でしたが、
 
この日の野津田の1点目の後には選手が着けていた喪章を天に掲げるシーンが。
 
どうやら、宮崎キャンプ中の2月10日に亡くなられたスタッフ、
 
澤山文江さんにゴールを捧げようと試合前に選手たちが話していたそうです。
 
佐藤寿人選手曰く「母親みたいな存在で、いろいろなサポートをしてくれた」
 
澤山さんのためにも絶対に負けられなかった試合で広島は見事勝利しました。
 
 
 
さらに、表彰式の後の写真撮影には家族と共に澤山さんの遺影が見られ、
 

「今日は澤山さんに勝たせてもらった。遺影と一緒に祝うことができて良かったし、選手としては、ようやく見送ることができたと思う」
 

と、2014年初タイトルを天国のスタッフに捧げたようです。
 
 
 
ファンを沸かせるゴールパフォーマンスなどで注目を浴びる広島ですが、
 
こういう面でもチームが一丸となって全力を尽くす所は素晴らしいですね。
 
思わず感動して記事にしてしまいました。
 
 
佐藤選手も
 

「僕たちにできることはクラブがさらに良くなるように尽力すること。澤山さんは天国から見守ってくれていると思うので、僕たちはそれに恥じることなく、いつでも良い報告ができるようにしなければならない」

 
と語っていますし、今シーズン全身全霊をかけて戦ってくれると思います。
 
 

澤山さんのご冥福をお祈りするとともに、
サンフレッチェ広島の今シーズンに期待しております!



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ