国立最蹴章で劇的ドラマ!高校サッカー選手権決勝は富山第一が奇跡の逆転勝利で初優勝!【動画あり】

 

これだから高校サッカーはやめられない!

 
本日1月13日は成人の日。
 
昨日今日と全国各地で新成人たちが大人になったことを祝う中、
 
初の北陸対決となった全国高校サッカー選手権大会の決勝が行われ、
 
最後の最後まで目が離せない劇的なドラマが繰り広げられました!
 
 


 
 
今日の決勝はお互いに初優勝のかかる富山第一星稜が激突。
 
星稜は、日本時間13日にセリエAデビューを飾った卒業生、
 
本田圭佑先輩の残したベスト4を超えるため、
 
また富山第一は、10番キャプテンの大塚翔が
 
父親である大塚一郎監督に親子での優勝をプレゼントするという
 
お互い優勝に賭ける想いが強い一戦となりました。
 
 
試合は前半から圧倒的な運動量で攻め込む富山第一ペースで進みましたが、
 
粘り強い守りで耐えた星稜が34分にPKを獲得。
 
これを10番キャプテンの寺村介選手が決め、ワンチャンスで先制に成功します。
 
 


 
 
前半は1-0と星稜リードで折り返し後半へ。
 
後半も攻め込む富山第一に対して守備ブロックをしっかり作った星稜が
 
70分にカウンターから森山泰希選手のヘディングで2点目を挙げます。
 
 
絶体絶命の状況に追い込まれた富山第一。
 
しかしここから意地を見せます。
 
後半途中から入った俊足の高浪奨が前線からハイプレスで追い回すと、
 
87分に左サイドのクロスからGKとの1対1を制し1点差に詰め寄ります。
 
そしてドラマは90分を超えたアディショナルタイムに待っていました。
 
攻め込んだ富山第一の3番竹澤昂樹がペナルティエリア内で倒されPKを獲得。
 
これを大塚監督の次男であるキャプテンの大塚翔が左隅に決め、
 
最後のワンプレーで劇的な同点弾を挙げます。
 
 


 
 
延長に進んだ試合は互いに譲らず後半へ。
 
PK戦突入と思われた109分、富山第一の途中出場の19番村井和樹が
 
右サイドのスローインから左足で豪快に放ったシュートがネットに突き刺さり、
 
土壇場で富山第一が逆転に成功します。
 


 
 
これが決勝点となり、富山第一が選手権初優勝を飾りました!
 
 
試合ハイライト
 
 


 
 
いやー高校生の戦いは素晴らしい!!
 
最後まで必死にボールを追う姿は清々しく、輝いていましたね!
 
そして最後に待っていた劇的すぎるドラマ!
 


 
 
父と勝ち取った全国制覇の夢はきっと一生の宝物になるでしょうね。
 
それにしても本当に素晴らしい戦いでした。
 
富山第一はもちろん、星稜高校のメンバーの健闘も讃えたいと思います。
 

 
僕の住んでいる地域では決勝までテレビ中継が無かったので、
 
今年の選手権は決勝が最初で最後の観戦だったのですが、
 
もっと見ていたかったというのが正直な感想です・・・
 
 
何にしても、「国立最蹴章」にふさわしい決勝を見れて感無量です!
 

富山第一高校のみなさん、初優勝おめでとうございました!

 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ