【動画】天皇杯決勝はJ1のリベンジ果たした横浜Fマリノスが優勝!故・松田直樹に捧げるタイトル

 

今年も新年は天皇杯サッカーと共に!

 
みなさん明けましておめでとうございます!
 
いよいよ2014年がスタートした本日1月1日は
 
毎年恒例の天皇杯決勝が行われ、今年のJリーグディビジョン1で
 
最後まで優勝を争った横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島が激突し、
 
リーグ戦優勝を逃した横浜が2-0で優勝しリベンジを果たしました!
 
 
emperors cup champions yokohama f marinos
画像: Kaoru WATANABE (ゲキサカより)

 
 

 
 
以下はゲキサカさんの引用です。
 
 


[1.1 天皇杯決勝 横浜FM2-0広島 国立]

 第93回天皇杯全日本サッカー選手権は1日、東京・国立競技場で決勝を行い、21大会ぶりの決勝進出を果たした横浜F・マリノスと6大会ぶり決勝進出のサンフレッチェ広島が対戦した。改修工事前最後の国立競技場での元日決戦は、横浜FMが前半17分にMF齋藤学のゴールで先制すると、同21分にはDF中澤佑二が追加点。そのままリードを守り抜き、2-0の完封勝利を飾った。横浜FMは前身の日産自動車時代を含め、21大会ぶり7度目の天皇杯制覇。04年のJ1リーグ以来、9シーズンぶりのタイトル獲得となった。(…)


 
ソース: 横浜FMが“最後の国立”で21大会ぶり天皇杯制覇!!|ゲキサカ[講談社]

 
試合のハイライトはこちらです。
 
 


 
 
 
「おっさん軍団」横浜F・マリノスがリベンジを果たしましたね!
 
J1では最終節で川崎フロンターレに力負けして
 
掴みかけたタイトルを最後の最後に逃して悔しい想いをしていただけに、
 
優勝を明け渡したライバル広島に直接対決で勝ったこの勝利はデカい!
 
 
実際、今季サンフレッチェはマリノスに公式戦3連敗だそうです。
 
 
J1では涙をのんだ横浜のキャプテン、我らが俊さんも喜びの表情。
 
 


 
 
しかしそれでも表彰式では笑顔はなかったようで、
 
インタビューでも
 

「うーん…。まぁ…優勝してうれしかったですけど、リーグ戦のが良かったです」

ソース: 広島に雪辱も…俊輔「うれしかったけど、リーグ戦のが良かった」 – ライブドアニュース 

 
と正直な気持ちを口にしていました。相当悔しかったんだろうなあ。
 
 
 
 
それでも戦友の故・松田直樹さんが急逝してから3年忌となった今季、
 
J1のタイトルは逃したものの、天皇杯で21大会ぶりの優勝を果たし、
 
キャプテンの俊輔が優勝カップを掲げた瞬間には
 
この優勝を天国の「背番号3」に捧げるかのように
 
スタンドのサポーターからは「直樹」コールが。
 
 


 
 

 
 
 


 
 

 

正月早々泣かせてくれるじゃないですか! 。・゚・(ノД`)・゚・。

 
俊さんにしても、2点目を決めたボンバー中澤にしても、
 
共に戦ってきた松田直樹さんに捧げる優勝は想うものがあるんだろうなあ。
 
メディアには悔しさを語ったり、「サポーターに捧げる優勝」と言ってますが、
 
俊さんも心の中では松田さんへの想いもあったはずです。
 
改修前の国立での最後の元日決戦だったのも感慨深いですね。
 
 

 
さて、こうして今年もサッカーと共に幕開け!
 
お正月の定番となった高校サッカーも開幕しましたし、
 
また今年はワールドカップイヤーです!
 
益々日本のサッカー界が盛り上がっていく一年になることでしょうね!
 
 
ちなみに僕も今日は新年早々初蹴りしてきましたよ。
 
今年もサッカー漬けの一年で行きたいと思いますので、
 
今年も当ブログと管理人ぷーちゃんをよろしくお願いします!
 
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ