【速報】J1最終節、サンフレッチェ広島が横浜F・マリノスを抜き逆転優勝で連覇!【動画あり】

 
12月7日(土)に2013Jリーグディビジョン1の最終節が各地で行われ、
 
首位の横浜F・マリノスはアウェーで川崎フロンターレと神奈川ダービーを、
 
そして2位のサンフレッチェ広島は3位の鹿島アントラーズの直接対決を迎え、
 
石原直樹の2ゴールで鹿島を破ったサンフレッチェ広島が
 
川崎に0-1で敗れた首位横浜F・マリノスを抜き逆転優勝を果たしました!
 
 
J1最終節 速報 サンフレッチェ連覇
 
 

 
 
前節まで勝ち点62で首位に立っていた横浜F・マリノスは
 
最終節の今日、川崎フロンターレのホーム等々力陸上競技場に乗り込み、
 
神奈川を本拠地に置くチーム同士の“神奈川ダービー”に挑みました。
 
 
勝てば優勝、引き分け、負けても2位の広島と3位鹿島の直接対決の結果次第で
 
優勝となる横浜でしたが、そのプレッシャーからか序盤から固さが見え、
 
ホームでの優勝を食い止めたい川崎の前になかなか決定機を作れません。
 
 
すると後半9分、得点ランクトップの大久保のミドルシュートのこぼれ球から
 
最後はレナトに押し込まれ、大事な試合で川崎に先制を許してしまいます。
 
 


 
 
一方の2位サンフレッチェ広島と3位鹿島アントラーズの直接対決では
 
前半35分に石原が先制点を挙げると、前半終了間際には鹿島のエース大迫が
 
2枚目のイエローカードで退場となるなど、広島が優位に試合を進めます。
 
 
J1最終節 広島 鹿島 石原ゴール
 
 
さらに後半35分にも石原が決定的なこの日2ゴール目を上げ、
 
そのまま2-0で逃げ切った広島は横浜 – 川崎の結果を待ちます。
 
 
優勝するには2点を取って勝つしかなくなった横浜は
 
終盤にDF栗原を前線に上げ、セットプレーを何度も獲得するなど
 
最後に猛攻を見せますが、GK西部を中心とした堅い川崎の守備陣に阻まれ、
 
5分のロスタイムでも得点を奪えなかった試合はそのまま0-1で終了。
 
 


 
 
最終節で首位横浜と2位の広島の順位が入れ替わり、
 
サンフレッチェ広島が見事に逆転優勝・連覇を決めました!
 
ちなみにJリーグを連覇したのは、ヴェルディ川崎、
 
鹿島アントラーズ、横浜F・マリノスに次ぐ史上4クラブ目だそうです。
 

 
J1最終節 速報 サンフレッチェ連覇2

J1最終節 速報 サンフレッチェ連覇3
 
 


 
 

 
 

いやーもうね、Jリーグ面白すぎ!!!!
 
 
最後の最後まで優勝が分からない白熱した展開は鳥肌モノでした。
 
僕は何を隠そう海外サッカーばっかり見てたサッカーファンですが、
 
最近はJリーグが面白すぎてたまりません。
 
 
特に今年は日本人ストライカーが躍進したこともあり、
 
優勝争い・残留争いに加え得点王争いからも目が離せませんでした。
 
今日はゴールを決めることは出来なかったものの、
 
川崎の大久保嘉人選手が26点で得点王に輝きましたね。
 
 
大久保嘉人 得点王 J1
 
 
ナビスコカップ、J1も終了し、今年の国内サッカーは天皇杯のみとなりました。
 
また来年も熱いアツい戦いを繰り広げてほしいですね!
 

Jリーグ万歳!

 
 

画像参照元: ドメサカ板まとめブログ:【速報】サンフレッチェ広島が逆転優勝で2連覇達成!
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ