【動画】日本との親善試合で引退!デヤン・スタンコビッチのスーパーロングシュートを振り返る

 
代表キャップ最多の102を誇り、”デキ”の愛称で親しまれW杯にも3度出場した
 
デヤン・スタンコビッチ選手が11日、現役生活にピリオドを打ちました。 
 
代表引退試合となった日本代表との親善試合では
 
スタメンで出場すると中盤でキャプテンとして10分ほどプレー。
 
交代の際には試合が中断し、引退セレモニーが行われるなど、
 
温かく見守られながら「セルビアの英雄」が最後の花道を歩きました。
 
 
そんなスタンコビッチ選手と言えば、ロングシュートを得意とし、
 
正確なインステップキックやボレーでスーパーゴールを連発しました。
 
 
その中でも特に印象深いゴールを2つ紹介します。 
 
 
-
 
 

 
 
まずは2009年のセリエA、ジェノア戦でのゴール。
 
 

 
 
後半ロスタイム、2-0のリードの状況で、
 
相手GKのマルコ・アメリアのミスキックにすばやく反応し
 
ハーフウェーラインからダイレクトでボレーで合わせると、
 
見事に飛び出したGKの後ろの無人のゴールに吸い込まれました。
 
 
 
そして2つ目は2011年4月6日のUEFAチャンピオンズリーグの準々決勝、
 
内田篤人選手も所属するドイツのシャルケ04との試合でのゴール。
 
 

 
 
インテルのカンビアッソが出した裏へのロングボールを
 
シャルケのGKマヌエル・ノイアーが飛び出してヘディングでクリア。
 
その隙を狙い、またもハーフウェーライン上からダイレクトでボレーを放つと、
 
綺麗な軌道を描きながら誰もいないゴールの中へ吸い込まれました。
 
 
ちなみに、1つ目のスーパーゴールを決めた同時期に
 
ユーゴスラビア代表時代の先輩にあたる”ピクシー”こと
 
ドラガン・ストイコビッチ氏が”革靴でのスーパーゴール”を決めています。
 
 

 
 
何か運命的な巡り合わせがあるような感じですね。
 
 
セルビア – 日本の試合は、その後ホームのセルビアが2点を奪い勝利。
 
見事に代表引退に花を添える勝利となりました。
 
 
stankovic nagatomo
 

 

こちらはスタンコビッチ選手のスーパープレー集です。
 

 
スタンコビッチ選手、19年間お疲れ様でした!
 
 
参考ページ: 
 
【動画】日本代表戦が引退試合となるセルビア代表MFスタンコビッチのゴールといえばこれ
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ