【動画】アメリカズ・ゴット・タレント優勝!蛯名健一さんのスゴ技パフォーマンス動画まとめ

 

物凄い日本人がアメリカにいた!

 
全米で人気を誇るオーディション番組、『アメリカズ・ゴット・タレント』。
 
そこで見事優勝を果たしたある日本人のダンスが話題になっています。
 
その再生回数は何と1600万回越え
 
日本人離れした度胸でアメリカ人の度肝を抜いたパフォーマンスを見せたのは、
 
東京都出身の38歳の格闘技ダンサー、蛯名健一(えびなけんいち)さん
 
通称EBIKENと呼ばれる蛯名さんの驚愕のパフォーマンスをとくとご覧ください。
 
 
ebiken
 
 

 
 

フツーの日本人による「フツーじゃない」神業ダンス!

 
 
アメリカの超人気を誇る公開オーディション番組、
 
『アメリカズ・ゴット・タレント(America’s Got Talent)』
 
老若男女、歌手、ダンサー、マジシャン、コメディアンなど、
 
ジャンルを問わず賞金100万円を賭けてパフォーマンスを競う番組です。
  
2013年6月、そのシーズン8に出演した蛯名さん。
 
シカゴでのステージに立ち、審査員と少し会話を交わした時には
 
「何か変な日本人が来たわね」という心の声が聞こえてきそうな雰囲気。
 
審査員たちからも観客からも期待されている様子はうかがえません。
 
しかし、数秒後、スタジオ中が未だかつて見たことのない
 
驚愕のパフォーマンスをその目に焼き付けることになりました。
 
 

 
 
ロボットダンスが始まったかと思うと、いきなり首が抜け落ち、
 
会場中から「Oh my God!」の驚きの声が漏れると、
 
徐々にヒートアップするパフォーマンスに観客たちも盛り上がりを見せます。
 
人間の動きとは思えない機械的な動きを連発し
 
マトリックスを完全再現するような圧巻のパフォーマンスを見せる蛯名さん。
 
その堂々としたダンスパフォーマンスに会場は興奮が収まりません。
 
完全に蛯名さんの神業に心奪われた観客たちは
 
パフォーマンス終了後には立ち上がって大きな拍手を送りました。
 

同じ日本人として誇らしいですね!
 
観客の反応も、良い意味での実力社会である
 
アメリカらしさが反映されていてとても気持ちが良いですね。
 
 

順調に勝ち進み快挙を達成

 
 
 
ちなみに、蛯名健一さんはこの映画『マトリックス』をテーマにした
 
「Dance-ish(ダンスっぽい)」なパフォーマンスで審査員4人の合格を勝ち取り、
 
次のベガス・ウィークに進出。
 
2013年8月6日にNYで行われたベガス・ウィークでも
 
巨大スクリーンの映像と武術を合わせたパフォーマンスで準決勝進出を決め、
 
さらに9月3日の準決勝でもトップ12に選ばれます。
 
9月10日のトップ12のステージでも愛、死、昇天を表現したダンスで
 
見事決勝戦に進出を決めます。
 
 
そして迎えた9月17日の決勝戦。
 
2種類のダンスを披露した蛯名さんは翌日の9月18日、
 
投票により見事シーズン8の優勝者に輝きました。
 
これはダンサーとしては初の優勝だったそうです。
 
こちらが彼の優勝までのすべてのパフォーマンスです。
 
 

 
 
準決勝
 
 

 
 
トップ12
 
 

 
 
決勝 1回目
 
 

 
 
決勝 2回目
 
 

 

この優勝で賞金100万ドルを獲得し、優勝者の権利である
 
ラスベガス・ストリップでの『アメリカズ・ゴット・タレント・ライブ』公演が決まりました。
 
2013年10月3日から11月17日まで全米ツアーが予定されているとのことで、
 
現在まさにツアーの真っ最中のようです。
 

世界で活躍する日本人、EBIKENさんを応援します!
 
 
Kenichi Ebina公式サイト
 
参考ページ:
 
全米が驚愕!?神業ダンサー蛯名健一さんのyoutube動画



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ