【動画】「右足より得意」!ディ・マリアの華麗なラボーナ集

 
「ラボーナ」という言葉は知っていますか?
 
ラボーナとはサッカーにおけるキックの一種であり、
 
軸足の裏から足を出してボールを蹴るキックのことです。
 
呼んでお分かりかと思いますが、かなり難易度の高いキックで、
 
世界のトップリーグでも試合中にそうそうお目にかかることはありません。
 
しかしそんなラボーナを得意と豪語するプレーヤーがいました! 
 
 
ディ・マリア ラボーナ
 
 

 
 

プロフィール

 
 
その選手とは、スペインはレアル・マドリード所属、
 
アルゼンチン代表でウィングを務めるアンヘル・ディ・マリア選手
 
 

アンヘル・ファビアン・ディ・マリア (Ángel Fabián Di María)
 
アンヘル・ディ・マリア
 
国籍: アルゼンチン
 
生年月日: 1988年2月14日(25歳)
 
身長: 180㎝
 
体重: 75㎏
 
所属チーム: レアル・マドリード
([スペイン]リーガ・エスパニョーラ)
 
背番号: 22

 
左足の繊細なタッチと一瞬の瞬発力で相手を切り裂くサイドアタッカー。
 
ポジションは主にウィングまたはサイドハーフを務め、
 
左右のどちらのポジションもこなすことができる。
 
相手の意表をつく独特のリズムを持ったドリブルが得意な選手です。
 

右足よりラボーナに自信ある」

 
 
10月2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第2節、
 
グループBのレアル・マドリードはホームでコペンハーゲンと対戦しました。
 
試合はゴールラッシュを見せたレアルが4-0で快勝しました。
 
その試合で2ゴール1アシストを決めたディ・マリア。
 
ロナウドへのアシストは右サイドからのラボーナで決めたことを受け、
 
試合後のインタビューではこう語りました。
 

「右足で蹴るよりラボーナ(足を交差して逆足で蹴る技術)の方が(コントロールに)自信がある」

 
 

 
 

 

それもそのはず、ディ・マリア選手は過去にもラボーナによる
 
ゴールやアシストを公式戦でマークしているのです。
 
 

 
 

 
 
 
チームメイトのC.ロナウドもマンチェスター・ユナイテッド時代は
 
ラボーナを多用していた記憶があるのですが、ディ・マリアの場合は
 
ファンを魅了するためだけでなく、自分の得意なキックとしてうまく使っていますね。
 
 
今後もディ・マリアのラボーナに注目です。
 
 
 
試合のハイライトはこちら
 
 

 

おまけ

 
 
ラボーナによる美しいゴール集です。
 
 

 
 
参考記事: 
 
2G1AのレアルMFディ・マリア「右足よりラボーナに自信ある」

 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ