美人すぎるバイオリニスト・宮本笑里は実はバイオリンが下手だった?

 
“美人すぎるバイオリニスト”こと宮本笑里さんがやっぱり美人すぎる!
 
ということで、宮本笑里さんの噂について調べて見ました!

 
o0403040010528378477

 
 

美人すぎるバイオリニストのプロフィール!

まずはプロフィールを見てみましょう。

宮本 笑里(みやもと えみり)
 photo09
 
生年月日: 1983年12月7日(29歳)
 
出身地: 東京都
 
血液型: O型
 
身長: 158㎝
 
学歴: 桐朋学園大学音楽学部カレッジ・ディプロマコース
 
ジャンル: クラシック
 
職業: ヴァイオリニスト

 

来歴

 
笑里さんは元オーボエ奏者、現在指揮者として活躍中の
 
宮本文昭さんの次女としても知られています。
 
2013y02m12d_223823887-290x300
 
笑里さんはその父の文昭さんの仕事の関係で生後2週間でドイツに移り、
 
幼少時代をヨーロッパで過ごしたそうです。
 
小学校に入学する前に帰国し、習い事をしていた友人に刺激され、
 
7歳で音楽を始めたそうです。
 
その際、「先生が優しそう」ということでバイオリンを習い始めたそうです。
 
中学校1年生の時に再びドイツへ移り、14歳の時には
 
ドイツ学生音楽コンクールデュッセルドルフ第1位に輝くなど、
 
若くしてバイオリンの才能を発揮。
 
1999年に帰国し、東京音楽大学付属高等学校に入学。
 
2002年に東京音楽大学に進学しましたが
 
1年後に桐朋学園大学カレッジ・ディプロマ・コースに編入学。
 
この頃からEmileeという芸名で女性クラシカルバンドVanilla Moodで活動を始め、
 
2005年の12月には本名「宮本笑里」名義でテレビ出演し、
 
2006年にはフジテレビのドラマ『のだめカンタービレ』
 
オーケストラメンバーにも選ばれました。
 

 
その後、2007年にCDデビューを果たし、各地でリサイタルを開催するなど
 
バイオリニストとしての活動が脚光を浴びるようになると、
 
2010年4月から日本テレビの『NEWS ZERO』に
 
カルチャーキャスターとして週に一回出演しました。
 
2012年の12月には『2012 FNS歌謡祭』にて
 
倖田來未や、華原朋美、西野カナらとコラボレーションし、
 
さらに翌年の2013年7月31日には『FNSうたの夏まつり2013』に出演。
 
倖田來未、西野カナ、安全地帯、徳永英明らとコラボレーションしました。


 
ソース: Wikipedia
 
いやー、Wikipediaから引っ張ってきましたが(笑)
 
バイオリニストとしてかなり活躍されています。
 
CMにも出演されていたみたいですね♪
 

 
 

美人すぎるバイオリニストは実は下手くそ…?

容姿端麗・才色兼備といった宮本笑里さんですが、

なんと本業であるバイオリンの実力がそれほどでもないという噂が!?

というのも、例えばYahoo!で彼女の名前で検索をかけると、

「宮本笑里 下手」というキーワードが出てくるんです!

真相はどうなのか?ということで調べてみたところ、

Yahoo!知恵袋で音色の悪さや音程のずれなどが指摘されているようです。
 
tiebukuro

クリックで拡大

 
参考: Yahoo!知恵袋

 

 
もしかしたら、本格的にバイオリンを習っている方からすれば
 
聴いていて違和感を感じることがあるのかもしれません。

まあ正直な話、僕のような初心者からすれば
 
普通に上手な演奏にしか聞こえないので何とも言えません(^_^;)

この知恵袋の質問をきっかけにして検索数が増え、
 
結果的に「宮本笑里=バイオリンが下手くそ

というようなレッテルが貼られてしまったとも考えられますね。
 
他にも、「親の七光りで有名になっただけ」というような批判も・・・
 
まあ、このように【美人すぎるバイオリニスト】として

メディアに取り上げられ、ある意味芸能人並みに注目されたことで

どうしてもアンチの人が出てくるでしょう。

これは芸能人やスポーツ選手など、どの有名人にも共通することなので

しょうがないことかもしれませんね。

 
 

「幸せすぎる?」旦那さんはどんな人?

宮本笑里さんは2012年に結婚されており、
 
美人すぎるバイオリニストの旦那さんがどんな人か気になる人もいるでしょう。

しかし、旦那さんは一般男性ということもあり、
 
さすがにその画像などは見つけられませんでした。
 
笑里さん自身はブログで結婚の報告をした際に、
 


相手の方は、穏やかな広い心で支えてくださる、
誠実であたたかい人
です。
これから、共に支え合い、
共に人生を歩んでいきたいと思っております。


 
と語っています。
 
宮本笑里 official site blog”笑里とヴァイオリンと○○?”より
 
お子さんはまだいらっしゃらないようですが、
 
お二人で幸せな家庭を築いてほしいですね(^^♪

病気とはどういうこと?

 
宮本笑里さんは実は2012年の10月から高熱が続き、
 
19日に医師から急性腎盂腎炎と診断されたことがありました。
 
その際は2週間ほど入院し点滴治療を行い、退院後も療養を続け、
 
無事に12月から再び活動を始められたという事でした。
 
だから「宮本笑里 病気」というキーワードが検索時に出てくるんですね。
 
それにしても大事に至らなくて良かったです。
 
25501b9414ef958bd46923635fd58705
 

バイオリンの演奏に批判もあるようですが、体調管理には気を付けて、
 
今後も【美人すぎるバイオリニスト】の名に恥じぬよう実力をつけ、
 
世界でも通用するバイオリニストとして活躍していってほしいですね(^o^)
 
 

※追記 11/8 18:00

 
 
本日付けで宮本さんの公演中止のニュースが入ってきました!
 
11月から来年の1月にかけて予定されていたライブ全6公演を
 
10月上旬から続く体調不良を理由にすべて中止にすることに決めたようですね。
 
 
オフィシャルブログではこのように報告されていました。
 
 

いつも宮本笑里を応援頂き、ありがとうございます。
宮本笑里が10月上旬より体調不良のため、医師の指示のもと、現在引き続き自宅療養中です。本人の体調を考慮し、すでに中止になった10月19日の大阪いずみホール公演に続き、予定している以下の公演をやむを得ず中止とさせていただきます。今後の活動に関しましては、本人の体調を見ながら、改めてご報告いたします。

【公演中止】
11月22日 山形文翔館
12月6日 東京ヤマハホール
1月12日 西東京市保谷こもれびホール
1月18日 名古屋宗次ホール
1月26日 福岡県大川市文化センター
1月29日 ビルボード東京

すでにチケットが発売されている、11月22日山形文翔館公演、12月6日東京ヤマハホール公演、1月12日保谷こもれびホール公演に関して、公演中止に伴うチケットの払い戻しの詳細は下記をご覧ください。
1月26日福岡県大川市文化センター公演に関して、宮本笑里は出演しませんが、日程/内容を変更して、代替公演を調整しています。詳細は決定次第、大川市文化センターのホームページで発表させていただきます。
公演を楽しみにお待ちいただいておりましたお客様、関係者の皆様に、大変なご迷惑並びにご心配をおかけし、誠に申し訳ございません。心より深くお詫びを申し上げます。
2013年11月6日
ソニー・ミュージックアーティスツ

 
 
宮本笑里ブログ“笑里とヴァイオリンと?” より
 
 
「医師の指示のもと自宅療養中」とのこと。
 
上でも書いたように、去年も体調不良から2か月ほど療養していたこともあり、
 
もしかしたら本当に何らかの病気を抱えているのかもしれませんが…
 
かなり心配な所です。
 
 
ちなみに、中止が発表された公演について、
 
すでにチケットが発売されたものに関しては払い戻しに対応しているようです。
 
公演を楽しみにしていたファンの方々は残念ですが、
 
とにかく今は一日でも早い回復をお祈りしたいと思います。
 
 

参考記事: 宮本笑里、体調不良により予定公演すべて中止に
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

“美人すぎるバイオリニスト・宮本笑里は実はバイオリンが下手だった?” への1件のフィードバック

  1. [...] 以前も当ブログで記事にして紹介していた   “美人すぎるバイオリニスト”こと宮本笑里さん(30)が13日、   自身のブログにて妊娠5か月であることを発表しました!             宮本さんのプロフィールはこちらです。     [...]

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ