元ウクライナ代表FWシェフチェンコ氏がゴルフデビュー!目指すはリオ五輪

元ウクライナ代表のFWで、

ヨーロッパ最高の栄誉とも言えるバロンドールも獲得した「ウクライナの矢」
 
アンドリー・シェフチェンコ氏がなんとゴルフデビュー!
 

シェフチェンコ ゴルフ スコア

サッカー界のレジェンドは、

ゴルフコースではどのようなプレーを見せたのでしょうか。
 

 

プロフィール

 
まずはシェフチェンコ氏のプロフィールを見ていきましょう。
 

アンドリー・シェフチェンコ
([ウクライナ語]Андрій Шевченко [英語]Andriy Shevchenko)

 
shevchenko

国籍: ウクライナ
 
出身地: キエフ
 
生年月日: 1976年9月29日(36歳)
 
身長: 183㎝
 
体重: 83㎏

 

「ウクライナの矢」の輝かしい経歴

 

クラブキャリア

シェフチェンコ氏のサッカー界での実績を振り返ります。
 
6歳でウクライナ国内の名門クラブ、ディナモ・キエフに入団し、
 
1994年、18歳でトップチームデビューを飾ると、
 
116試合で60得点という圧倒的な実績でチームをリーグ5連覇に導きます。
 
ヨーロッパNo.1クラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグでは
 
97-98シーズンにバルセロナ相手にハットトリック達成、
 
さらに翌シーズンには10得点で得点王に輝き、チームはベスト4に。
 
活躍が認められイタリアの名門ACミランに移籍。
 
その後もセリエAで2度の得点王に輝き、02-03のチャンピオンズリーグ優勝
 
03-04のスクデット獲得、そして自身初のバロンドールを受賞するなど、
 
輝かしい経歴を残します。

シェフチェンコ ゴルフ スコア②

 
 

 
 
05-06シーズン後にイングランドのチェルシーに移籍したが、 
 
思った以上の活躍が出来ず、再びACミランにレンタルされたものの
 
本調子のプレーを取り戻すことは出来ず、
 
09年にウクライナの古巣ディナモ・キエフに移籍。
 
キャプテンとしてチームを引っ張り、ベテランの役割を果たしました。
 
 

 

 

代表キャリア

 
ウクライナ代表としてのシェフチェンコは
 
国を代表するレジェンドであり、「ウクライナの英雄」とも称されました。
 
18歳で代表デビューを飾ると、その後はエースとしてゴールを量産。
 
2006年のドイツW杯では2得点でチームをベスト8に導き、
 
ウクライナ・ポーランド開催のEURO2012では主将を務めるなど
 
代表チームには無くてはならない存在として君臨。
 
通算48ゴールとウクライナ代表歴代最多得点記録を持っています。
 

shevchenko
 

背番号7と言えばシェフチェンコを思い出すサッカーファンも多いことでしょう。
 

 

 

まさかのゴルフデビュー

 

ウクライナを代表するスポーツ選手であり、
 
一時は世界最高のFWとも称賛されたシェフチェンコ氏。
 
サッカー界では常に第一線で活躍してきた男は、
 
引退後に政治家になるのではとの噂もある中で、
 
「ゴルファーへの転向」という決断を下します。

 
本来は「サッカーのプレッシャーから解き放たれるため」
 
という理由で始めたゴルフだそうですが、
 
これまでもプロアマトーナメントに出場するなど、
 
かなりゴルフには精通していたようです。
 
 
ソース: サッカー界レジェンド、シェフチェンコ氏がトーナメントデビューへ

 
  

トーナメントデビューを果たすも118位発進

 
そしてシェフチェンコ氏はついに9月12日にゴルフデビューを飾りました。
 
ウクライナのスーペリアゴルフ&リゾートで行われた
 
ヨーロピアンツアーの下部ツアー「ハリコフ・スーペリアカップ」に出場。
 
アマチュアとしてですが、念願のゴルフトーナメントデビューを飾りました。
 
気になるスコアは、1日目を終了した時点で
 
1バーディ11ボギー1ダブルボギーの「84」で12オーバーの118位発進。
 
早速プロゴルフの厳しさを味わった模様です。
 
しかし本人は至って冷静で、
 

「プレッシャーがかかるといつも通りにはできないね。スコアはそんなに良くなかったけど、大会を楽しんでいるし、いい経験になっているよ」

 
と2日目への意欲を語りました。
 
ソース: シェフチェンコは「84」で118位発進
 
 
 
シェフチェンコ ゴルフ スコア3

ゴルフウェアも似合ってますね。
 

2016年リオ五輪へ!

 
シェフチェンコ氏は、ゴルフが2016年のリオ五輪で
 
正式種目に復帰することもあり、
 
今後は3年後の五輪での出場を目指しているのだそう。
 
 
 
サッカーとは全く違った能力が求められるスポーツですが、
 
持ち前の勝負強さと大舞台での経験で
 
本当に五輪出場という目標を達成するかもですね!

「ウクライナの英雄」は、かつてのサッカー界での栄光と同じように
 
ゴルフ界でも活躍を見せ、華麗な転身を果たせるのでしょうか? 
 
今後の活躍に期待がかかります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
2016年リオ五輪だけと言わず、2020年東京五輪も目指してみては?
 



 
最後までお読みいただきありがとうございました。
↓↓気に入った記事があればぜひシェアお願いします↓↓(^^♪


この記事を読んだ方はこちらの記事もおすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

【動画】柿谷曜一朗の2013年プレー集

【動画】2013年JリーグMVPは中村俊輔!

海外サッカー選手たちのWAGsがセクシーすぎる

松木安太郎の解説が面白すぎる

サッカー実況のカリスマの名ゼリフを振り返る

アルゼンチンに8歳のメッシ!

世界のアツすぎるフットボールダービー!

前代未聞の珍事件!クウェートで主審が選手を殴る蹴るの暴挙

長友佑都のジャンプ力がハンパじゃない件

鹿島アントラーズ・山村和也の驚異的な跳躍力

ルーマニア代表FWムトゥが監督の合成写真アップで代表追放ww

このページの先頭へ